FACILITY

施設のご紹介

建設する施設の概要

OUTLINE OF THE FACILITIES CONSTRUCTED

事業推進の為に最新の製造及び研究施設を建設する

屠場・食肉加工・保管施設

屠場・食肉加工・保管施設 Slaughterhouse, meat processing and storage facility

設置場所
ハワイ島Keaau地区(予定)
処理量
250頭/日(フル稼働時 年間60,000頭)
稼動予定
第一次計画 100頭/日 2020年後半
第二次計画 250頭/日 2022年後半 施設を増設
食肉保管
カーカス 750頭 冷蔵(予定)
製品保管
冷蔵・冷凍 処理量の1ヶ月(予定)
医療関連製造施設・研究施設

医療関連製造施設・研究施設 BDRMS & FBS production facility, research institute

設置場所
オアフ島 Kapolei地区(予定)
稼動予定
2019年中旬(当面の作業は、Waikoloaの既存ラボで行う)
  • 医薬品原材料の製造(BDRMS)
  • 医薬品、再生医療研究資材の製造(牛胎児血清、人工血液、その他)
医療材料研究開発

ハワイ産材料を利用して医薬品原材料等の研究開発を行う
畜産研究施設

畜産研究施設 Livestock research institute

設置場所
ハワイ島Keaau地区(予定)
稼動予定
2019年後半(当面の作業はWaikoloaテストラボで行う)
事業内容
畜産に関連する研究及び成果物の応用及びその普及を図る
  • 人工授精 BDRMS,牛胎児血清等の製造には牛の月齢管理、
    トレーサビリティの確保が必須である為、妊娠日を特定しやすい人工授精(体外受精卵)を用いる
  • 血統管理 優れた牛を育成する為、血統管理を行う
  • 州内産農作物を利用した飼料の研究
ABOUT US
アロハキャトルカンパニーとは
FEATURES AND
COMPETITIVE EDGE OF
HAWAIIAN CATTLE
ハワイ産牛の優位性